Liveシリーズ利用事例 CerevoのLiveシリーズは、個人、企業問わず様々な方にご利用いただいております

イベント登壇の様子を複数カメラで画面を切り替えながらライブ配信 ワンダーメイクフェス

IT×ものづくり教室「LITALICOワンダー」(株式会社LITALICO)様

2019年2月9~10日に開催された「ワンダーメイクフェス5」のライブ配信に、LiveShell XとLiveWedgeをご利用いただきました。

ワンダーメイクフェス5

ワンダーメイクフェスは、IT×ものづくり教室「LITALICOワンダー」が主催する、”みんな”が主役のIT×ものづくり発表会イベントです。

イベント会場は「日本科学未来館」の中の292席のすり鉢状のホールで、配信ブースは発表者の子どもたちと対面した後方に位置しています。

4つの映像をLiveWedgeで画面切り替えし、LiveShell Xへ出力する形でライブ配信を行いました。LiveWedgeでは画面切り替えエフェクトを行い、透過PNGを用いたロゴマークの画面内出力など、各種操作をタブレットのアプリから操作しています。

ビデオスイッチャーのLiveWedge単体でもライブ配信は可能ですが、LiveShell Xを組み合わせ、フルHD(最大1080/60p)・H.265で配信されています。また今回、LiveShell Xでライブ配信とmicroSDへの録画を同時に行い、バックアップとしてデータを保存しています。

このライブ配信は、当日参加できないご家族や遠隔地の方々にも視聴していただき盛り上がりを見せました。

ワンダーメイクフェス5
ワンダーメイクフェス5

機材構成

*画像をクリックすると別窓で拡大表示されます。
ネットワーク 有線LAN(100Mbps)
機材
  • LiveWedge(3つのカメラと、準備中などの静止画表示切替。PinP)
  • SDカード(準備中などの静止画画面表示用)
  • LiveShell X(Youtube LiveにFULLHDで配信、バックアップ用に録画)
  • ルーター(ホールの有線LANを分配かつ無線LANに変換)
  • iPad(LiveWedgeのアプリを使用)
  • MIC AMP(PAからのマイク音量を調整)
  • 小型LCDモニタ(LiveWedgeの4入力の画面確認)
  • microSDカード(LiveShellXの配信動画録画)
  • カメラ1(基本演者のアップを映している)
  • カメラ2(ホール全体を映している)
  • カメラ3(スクリーンのスライドを映している(PC画面の分配は物理的に遠かったのでカメラで撮影))
  • マイク(演者用)
利用サービス
  • YouTube Live

機材を使用して撮影した動画